ohana project☆「ひなまつり企画」南三陸に贈るohanaシュシュを作ろう

 

 

 

終了!

 

 

 

ohana project × child at heart!

 

"ひなまつり企画"

 

「南三陸に贈るohanaシュシュを作ろう!」

 

 

ohana projectの亜樹ちゃんと

ひなまつりのプレゼントに

ohanaシュシュを被災地に届けようと企画しました。

 

今回は南三陸にある「歌津つつじ苑」

そちらに勤務する方々にシュシュをお届けします。

 (気仙沼在住のお友達ママより紹介して頂きました) 

 

そして今回、埼玉初上陸!

 

enfant lab. さんのご協力のもと
JR武蔵浦和駅すぐの「武蔵浦和コミュニティーセンター」での開催となります。

 

お近くの方は是非奮ってご参加ください☆

 

 

 

 

 

 

〈WS内容〉

 

ネットショップcHalgaでも大人気

ohanaシュシュ

 

こちらの手づくりキットを

お一人様に付き2個ご用意します。

 

 

ワークショップでは、

南三陸の方にプレゼントする用にひとつ手づくりし、

 

もうひとつのキットはお持ち帰り。

ご自宅でご自分用のシュシュ作りを楽しんで頂けたらと思います☆

 

お揃いのohanaシュシュで

被災地の方々と繋がれたらいいなーという想いを込めて…

 

 

たくさんのご参加をお待ちしております!

 

 

 

2/17(日)

 

 

〈開催時間〉

13:30〜15:30

 

 

〈定員〉

各回 35名

 

※お子さま連れ大歓迎です

オムツ替え&授乳など自由にしながら制作して頂けます☆

 

※ママに限らず、どなたでもご参加できます。

お父様お母様など、ご家族連れも大歓迎です!

 

 

 

 

 

〈場所〉

武蔵浦和コミュニティセンター8階
第一集会室

 

〒336-0021

さいたま市南区別所7-20-1

TEL  048-844-7215

 

 

 

 

協力 enfant lab.  

 

 

 

 

〈会費〉

1,800円

(ohanaシュシュキット2個・内ひとつは被災地ママにプレゼント)

 

 

 

〈持ち物〉

・筆記用具 ボールペンなど

※シュシュと一緒に送るメッセージカード記入時に使用します

 

・裁ちバサミ 

※お持ちでない方は申込みの際にご連絡ください
こちらでご用意いたします

 

 

 

 

〈申し込み〉

 下記必要事項を記入のうえ、

cah.asaco@gmail.com までご連絡ください

 

・参加される方のお名前

 

・お連れさま(お子さま含む)のお名前

※お子さまの場合は年齢もご記入ください

 

・当日連絡がつく電話番号

 

 

 

 

◯各回、定員になり次第 締め切りとさせて頂きます

 

 

 

 

 

 

♢お子さま連れの方へ♢

 

 ハサミを使った作業となるため、

スタッフ一同細心の注意を払って進行していきますが 

 

基本的には参加されたママ同士で子どもたちを見守りつつの作業となります

ベビーシッター等はつきませんので、あらかじめご了承ください

 

お連れになったお子さまに関しまして万が一の怪我、事故等ございました場合

こちらでは一切責任を負いかねます

 

その旨ご了承頂いた上でのご参加の程

どうぞ宜しくお願い致します

 

 

 

 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

【commu ohana project】

「ohana」(オハナ)ハワイ語の意味は「家族」。
血の繋がった家族だけでなく
「そこに暮らすすべての人」という広い意味があります。
日本に暮らすすべての女の子が、
" お花 " のように美しくいられますように、
同じ島の " ohana ” として仲良くなれますように、
手作りの「お花のシュシュ」を通じて
日本中の女の子達を明るい笑顔でつなぎます。
commu ohana project は東北地方太平洋沖地震で
被害にあわれた女の子達を応援します。




【染色家・デザイナー】横張 亜樹

個人としての国内外での美術展・展覧会出品のほか
2002年、フラワーアーティスト・松永有加と
花と染布によるスペースデコユニット「commu」を結成。
店舗ディスプレイやイベントでの空間コーディネートを中心に活動。
2011年の震災以後、「commu ohana project」を立ち上げ
東日本大震災被災地への応援活動を続けている。